スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

釧路市 阿寒川フレの湯

R0012270.jpg
阿寒湖ライダーハウスを早朝起床。犬の散歩をしていた宿主さんに挨拶をすませバイクで出発する。まずは雄阿寒温泉跡に向った。ヒグマ出没の注意書き多数有り。

R0012269.jpg
阿寒川沿いをテクテクと歩く。長靴が無いと靴が泥まみれになるので注意。もうほんと、ドロドロになっちまいました。。。泣

RIMG2775.jpg
で、前回手水の湯探索時(2年前)は迷ったあげく脱水症状一歩手前という感じで入浴できなかった阿寒川フレの湯に到着した笑。2年越のリベンジである。この写真の中に湯船が二つある。

R0012166.jpg
こちらが浴槽タイプ。マットのようなもので蓋がしてある。

R0012262.jpg
ペロっとめくればそこには素敵な温泉が湧いていた。浴槽が地中に埋め込まれ底から温泉が湧出している。

R0012213.jpg
さっそく森の中で全裸になり入浴する。かなり熱めだ。うすく濁っていた湯の色が入浴すると湯の華が舞い、一気にみそ汁みたいな色になる。夏終盤の時期で、アブがあまりいなくて快適。入浴感はかなり暖まる系です。

R0012231.jpg
でかい倒木をまたぐと、ドラム缶型の湯船もあります。ちょうど、全裸で倒木をまたいでいるときに付近から「チリンチリーン」という熊鈴の音がして少し焦る。。。ここは少し奥まった場所なのでフル○ンの姿は見られずに済む笑。

R0012251.jpg
こちらも入浴すると一気に沈殿していた湯の華が舞い、赤茶色に濁った色になりました。このドラム缶風呂、入るとザバァーっ!とかけ流されてとても気持ち良いのです。が、けっこう深いので入浴する際は少し気をつけてください。こちらの湯温はぬるめで、ゆっくり入浴できました。どちらも足元湧出です。

阿寒川沿い
野湯
スポンサーサイト
19:07 | 釧路市 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

釧路市 阿寒湖温泉まりも湯

R0012147.jpg
オンネトー温泉景福で至福の湯浴みを堪能しいよいよ、阿寒湖温泉街にやってきました。札幌からここまで長かったなぁ。で、疲れたので今日の宿泊先です。阿寒湖アイヌコタンにある阿寒湖ライダーハウス。

R0012150.jpg
屋根から木が成長しつつある。大丈夫だろうか笑。とてつもなく味のある建物である。一泊500円。

R0012151.jpg
宿主さんに挨拶をしました。とても大人しい大きなワンワンもいます。ここ、一泊500円なのに夕食がついたりします。あと、どこかのネット情報ですが、決して宿主さんに「アイヌの方ですか?」という質問をしたらいけないらしい。何度も同じ事を聞かれるのが嫌だそうです。とても優しい良い方でした。

R0012152.jpg
さて、宿主さんと先客さんとで酒を飲み夜が更けてきました。寝る前に一風呂浴びたくなったのでまりも湯に行ってきました。

R0012154.jpg
入口フロントの様子。入浴料は500円。今夜の宿泊費と同じである笑。フロントのおばさんは愛想が良い方で感じが良かったです。

R0012153.jpg
脱衣所は下が温泉を利用した床暖房になっていた。これは冬はとてもいいですね。

R0011604.jpg
内湯が一つのシンプルな浴室である。源泉かけ流し。とても体の温まる良いお湯でした。面白いのは浴槽の周りに木で出来たまりものオモチャがあり、プカプカと浮かべさせて遊べる。

R0011613.jpg
このおもちゃのまりもちゃん。勿論持ち出し禁止である。ほんものの温泉でなければ死んでしまうのです。うちの近所のスーパー銭湯なんか持ってったら塩素できっと死んでしまうだろう。。。笑

R0012149.jpg
その後、宿に戻り就寝。なかなか大きな部屋を一人で使わせて頂きました。押入れにある布団は自由に使えます。実はこの後もお酒を飲んでいたのですが、久しぶりのアルコールの為か急に具合が悪くなりすぐ寝ちゃいました。壁には葉っぱ持込禁止って書いてます。葉っぱはいかんですよ。

釧路市阿寒町阿寒湖温泉1丁目4-25
9:00~22:00(10月~6月は第2、4水曜休)
※冬期間(10月中旬~6月中旬)は21:00まで
500円
源泉かけ流し
22:22 | 釧路市 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

釧路市 阿寒川手水の湯

RIMG2710.jpg
前回の続きという事で、さらに阿寒川沿いを進む。長靴を履いた方が良い。

RIMG2726.jpg
所々倒木が邪魔してました。ヘビを踏みそうになる。

RIMG2717.jpg
川沿いのあちこちから温泉が湧いている。

RIMG2723.jpg
キレイな色だなぁ。

RIMG2741.jpg
こ、これは!ゆ、湯舟っ!笑。初めて見たときは感動しました。

RIMG2742.jpg
近くの岩から温泉が湧き出ている。そしてホースを利用してステンレス製の湯船にもお湯が溜まっていた。これはもう入るしかない。いそいそと全裸になる。急いでいるのはアブもいるからです泣。

RIMG2757.jpg
川沿いという事もあって景色も最高!とても良い温泉で感動しました。湯温もちょうどよい。湧きたての新鮮そのものな温泉である。

RIMG2766.jpg
入浴すると、底に沈殿していた湯の華が大量に舞い味噌汁のようになった。入浴後、フレの湯を探しにさらに森の奥深くに迷い込むegさん。。。30分ほど汗だくで歩いてこの先なにも無いと確信笑。引き返すも先ほどの温泉で汗が大量に出て、眩暈と吐き気がでフラフラに。。。

釧路市阿寒川沿い
野湯
23:16 | 釧路市 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

釧路市 雄阿寒温泉跡

RIMG2667.jpg
釧路市阿寒湖にいってきました。阿寒湖といえばこれですかね。それにしてもすごい巨乳でおどろきました。

RIMG2684.jpg
以前から行ってみたかった雄阿寒温泉跡へ足を伸ばした。阿寒川沿いにある謎の有料駐車場に車を停める。すでにここからして温泉が湧いている。

RIMG2686.jpg
しかし熱すぎて直に入浴は無理だろう。というか周りに釣りの車が何台か駐車しているのでシーズン中ここで真っ裸は無理かもしれない。川に垂れ流されている。

RIMG2701.jpg
川沿いに道を進む。阿寒川ってとてもキレイな川なんですね!歩いていて気持ちがよい。

RIMG2692.jpg
おぉーシオカラトンボ。すっかり鹿さんも自然に還ってます。

RIMG2688.jpg
ん、なんだこれは

RIMG2691.jpg
ここも温泉が湧いている。すごいなぁ。この辺は昔は雄阿寒ホテルというのがあったそうです。どんなホテルだったのか見てみたかった!今ではこんな感じの遺構がわずかに残っているだけです。

RIMG2681.jpg
一人でいったのですが、ずっとこいつが付いてきて寂しくはありませんでした。ていうかしつこすぎだよ、きみ!笑。

阿寒川
野湯
21:03 | 釧路市 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。