スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

足寄町 芽登温泉

DSC00445.jpg
足寄町にある芽登温泉。向う途中、川にはとても大きな倒木が!思わずパチリ。

RIMG2629.jpg
3キロほどダートを進むとありました、芽登温泉です。

RIMG2630.jpg
車を駐車すると温泉犬が近づいてきた。とてもおとなしく人懐っこい犬だ。

RIMG2640.jpg
日帰り入浴料は500円。日本秘湯を守る会の提灯があった。この提灯がある所は秘湯ではない事が多い気がする。

DSC00438.jpg
浴室に入ると、硫化水素臭がして嬉しくなる。温泉の香りっていいですね。泉質は単純硫黄泉で源泉温度は62℃。自然湧出で源泉かけ流しの本物の温泉である。色は無色透明。

DSC00424.jpg
混浴の露天風呂。女性専用の露天風呂もあるそーです。

DSC00431.jpg
湯口にはコップがあり泉飲できる。胃腸にいいとのこと。

DSC00428.jpg
真っ白な硫黄泉もいいが、こんな感じの透明な硫黄泉もいいですね。あまり成分の濃い硫黄泉だと肌が合わない人もいると思うが、ここは優しい感じの硫黄泉で湯治にも良いと思った。うーん、さっぱり気持ち良い浴感☆

足寄町芽登2979番地
8:30~20:30
500円
単純硫黄泉
源泉かけ流し
スポンサーサイト
11:56 | 足寄町 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

足寄町 幌加美里別温泉

RIMG2620.jpg
2年前のある日、足寄町にある野湯の幌加美里別温泉に行ってきた。場所は、88号線をまっすぐ行く。芽登温泉に向うダート路を通り過ぎ数キロ車を走らせるとこのビリベツ取水堰が見える。

RIMG2617.jpg
ビリベツ取水堰から2キロくらい先に左手に林道がある。目印としては林道の少し先が広場になっている場所です。写真左手の木に謎の赤いマークがあるのでそれも目印になるかも知れません。

RIMG2582.jpg
その広場になっているような場所に駐車するとすぐ目の前に川と池がある。これが美里別川なのだろうか。このときは日没前の17時半頃来たのですが辺りの雰囲気が少し暗く若干不気味でした。森の奥からガサゴソ聞こえるし。。。エゾ鹿にすらびびる俺笑。

RIMG2580.jpg
そしてこれが幌加美里別温泉のようですね!源泉口を測ると30℃ほどで、池の温度は27.8℃になっていた。いやぁ、これくらいの温度って微妙ですね!アメンボとかバンバン泳いでるし、湯中には藻が不気味に繁殖している笑。

RIMG2615.jpg
池の中からピョロッと伸びている源泉ホース。

RIMG2605.jpg
いきなり森の中でこんな人見たら嫌だな。写真は珍霊写真だったのでモザイク処理をかけております。まぁ周りには鹿しかいないし浴びておく。ツルツル感のあるお湯で無色透明。若干硫黄臭。味は飲むと温泉の味がする。しかし飲んだあとホースの中を覗くと黒いヘドロが溜まっていたので飲むのはおすすめしません笑。

足寄町喜登牛
野湯
17:34 | 足寄町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

足寄町 足寄温泉

R0012347.jpg
屈斜路湖からの帰り際、少しからだが冷えたので足寄温泉に寄る。つか今日だけで何回風呂入ってるんだ俺笑。。。

R0012351.jpg
受付は番台形式。ちなみにここ、足寄の道の駅の人に場所を聞きました。「とても古いのですが、泉質は素晴らしい」と仰ってました。

R0011655.jpg
浴室の様子。左手にはとても広い主浴槽、右手は気泡湯となっていた。源泉かけ流し。ドバドバと気持ちよいくらいのかけ流しです。

R0011661.jpg
ツルスベ感ありのとても気持ちよい温泉でした。これで300円なんてとても安いですね!近所にあったら毎日行くだろうな。。。施設は確かに古いですが、汚くはないです。むしろ自分的にはキレイに感じました。

R0012333.jpg
さて楽しかった道東湯巡りツーリングですが、いよいよ岐路につきます。シカさんさいなら。頼むから道路に飛び出さないでね笑。

R0012367.jpg
足寄から帯広に。帯広到着時、外はもう真っ暗です。で、一度来てみたかったカレーショップインディアンに寄る。

R0012366.jpg
予想以上に美味しくてニヤリ。安くて美味しいなんて最高ですね。

R0012369.jpg
その後、清水町に向かいました。が、外は雨ですごいドシャ降り。夜の田舎道で街灯も少ない。真っ暗で、さらにドシャ降りだとバイクってほとんど視界ないんですよね↓。これから日勝峠を越えるなんて無理です。付近でテント張るかと思ったが、また張れる場所がわからない↓。結局、24時間空いている某所屋内でテント張らせて頂きました。ほんと助かりました。

足寄町郊南1丁目
11:00~23:00
番台
300円
源泉かけ流し
15:59 | 足寄町 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

足寄町 オンネトー温泉景福

R0012144.jpg
足寄町にあるオンネトー温泉景福にきました。

R0012145.jpg
日帰り入浴料は300円です。

R0011592.jpg
渋く味のある洗い場である笑。シャワーすらない。でもこういう洗い場好きです。かけ湯をしてから湯に浸かりました。

R0011595.jpg
内湯の様子。貴重な足元湧出温泉で、下の石の隙間から暖かいお湯が出ていました。とても良い硫黄泉の香りがした。

R0011603.jpg
ほぼ男女混浴の露天風呂。こちらは空気に触れてお湯が白くなっています。一応、この仕切り壁の手前が女湯側で向こう側が男湯のようです。が、結構皆気にしないで入っているぽかったです。とても素晴らしい温泉で感動しました。

足寄町茂足寄162-1
10:00~20:00
300円
源泉かけ流し・足元湧出
19:53 | 足寄町 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

足寄町 野中温泉別館

DSC00498.jpg
足寄町にある野中温泉別館。近くにはオンネトーがあり、登山客やツーリング客でシーズン中は賑わう。

DSC00492.jpg
木で作られた浴室は雰囲気が素晴らしい!浴室に入るとすぐに、新鮮な温泉の香りがしてつい嬉しくなる。

DSC00496.jpg
泉質は含食塩-石膏硫化水素泉。源泉かけ流しである。シャワーやカラン等はない。本物の温泉にはそんなもの不要だと言わんばかりである。

DSC00493.jpg
うーむ、素晴らしい入浴感。湯口から源泉がドバドバと流れている。そして白い湯の華がユラユラと漂う。

DSC00491.jpg
露天風呂の様子。とにかく泉質の良さに感動した温泉でした。

足寄町茂足寄
9:00~21:00
350円
源泉かけ流し
20:44 | 足寄町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。