スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

八雲町 鉛川の湯

RIMG0639.jpg
八雲町にあるおぼこ荘を過ぎるとさらに奥へと進む林道がある。昔、鉱山で栄えていた町があったとの事だが、今では何もない。この赤い湯流れが気になったので辿ってみた。

RIMG0638.jpg
八雲鉱山は1772年頃からは金銀鉛を産出、また1863年には日本で初めて発破を使用し採掘したとの事。歴史のある鉱山だったんですね。どうやらこの奥からお湯が湧出しているようだ。

RIMG0634.jpg
時々、気泡を含みながらブクブクと不気味に湧いていました笑。周囲は成分の付着によって赤くなっている。泉温を測ると25℃から26℃前後。泉質はわかりませんが、鉱山付近の湯なのでそれ系の湯です。

RIMG0647.jpg
気が付くとなぜか全裸でした。そのままの状態で入浴してみました。下には葉っぱやら温泉成分の泥?のような物が沈殿しています。入浴感は微妙でした笑。

RIMG0657.jpg

この付近にはかつての小中学校跡地の石碑があったり、当時の生活の名残が少なからず残っていました。新しいお花も供えられていたので当時生活していた人たちも、たまに来ているのでしょう。写真は当時の住宅跡に続く橋との事です。八雲鉱山は昭和43年閉山しました。なんだか不思議な感じのする場所でした。

八雲町
野湯
スポンサーサイト
20:28 | 八雲町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

八雲町 磐石温泉

R0010171_20120315190916.jpg
道南に向う途中、海の色が分かれていたので写真に撮ってみた。

R0010174.jpg
八雲町に向った。川の向こうに磐石温泉がある。銀婚湯もわりと近い。以前からとても行きたかった温泉だ。

R0010176.jpg
磐石温泉の看板が倒れていた。橋を渡ると。。。

R0010179.jpg
手作り感あふれるとても味のある建物である。素晴らしい外観!

R0010180.jpg
脱衣スペースの様子。

R0010181.jpg
入浴頻度調査中だったので名前を記入する。正しい温泉という書き方に温泉に対するこだわりを感じた。

R0010182.jpg
扉の向こうには。。。

R0010183.jpg
岩作りの素晴らしい浴槽がある。

P4250014.jpg
湯口の様子。源泉かけ流し。湯の華も舞っています。

P4250015.jpg
管理人の方の温泉に対する情熱が伝わってくるような、印象に残る素晴らしい温泉でした。浴槽内の湯温は42.6℃ととても快適。泉質は舐めるとしょっぱい食塩泉。保温効果が高く車に戻ってからも全然汗がひかない。。。まさに正しい温泉でした。管理人様ありがとうございました。

八雲町
無料
源泉かけ流し
19:33 | 八雲町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

八雲町 見市川の湯

RIMG0892.jpg
見市川某所の湯です。去年の春ころ行きました。入り口あたりの様子。

RIMG0893.jpg
川に向かって崖を下っていく。落石が怖い。

RIMG0894.jpg
崖の上から川を眺めた様子。時期によっては虫がひどかったり湯船が水没していることもあると思います。

RIMG0956.jpg
川まで辿りつきました!あたり一帯から温泉が湧出していて感動物でした。

RIMG0900.jpg
でっかい天然露天風呂。

RIMG0898.jpg
油みたいなのも浮いてました。

RIMG0913.jpg
とりあえず服を脱ぎ適当な場所を見つけて入浴する。

RIMG0970.jpg
うーむ、最高です笑。お湯も最高に新鮮な状態ですし適温でした。

RIMG1077.jpg
温泉の成分が堆積してできた小さな丘。間近でみるとすごい!地球は生きているなぁと改めて実感しました。こんな素敵な温泉に入れて北海道の自然に感謝です。

八雲町某所
野湯
01:10 | 八雲町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

八雲町 見市川温泉旅館

RIMG1083.jpg
八雲町にある見市川温泉旅館に母親と一緒に行ってきました。去年の4月初めの事です。珍しく自分が写っている。

1461770323_246.jpg
露天風呂の様子。すぐ近くに見市川が流れている。写真ではわかりにくいが意外と大きな川で迫力がある。内湯の写真?誤って消してしまったようです泣。

1461770323_99.jpg
はぁ、気持ちいいなぁ。札幌から随分遠回りしてきたのでこの時はヘトヘトだった記憶があります。温泉は素晴らしかったです。源泉かけ流し。泉質はナトリウム-塩化物泉。とても歴史ある温泉で江戸末期の慶応年間(1865~67)年の開業との事。また初代の湯守り大塚要吉氏は織田信長の一族との事です。現在は5代目だそうです。

RIMG0887.jpg
宿泊時の楽しみの一つ、やっぱり料理ですよね。大変美味しく頂きました。特にギョウジャニンニクの天ぷらはよかった!次の日はとても元気でした。予約の際インターネット見たよ!と伝えると宿泊時サービスが付きます。今回はカニが付きました。

RIMG0890.jpg
母親も喜んでくれたようで全てペロリと食べてしまいました。特にアワビに感動したようです。この料理でこの温泉で一泊7920円は安いと思います。宿の人の対応もよく水も天然水で美味しかったです。周りには何もない自然の中で本当に癒された日でした。今改めてホームページ見ると0泊2食付きの日帰りプラン4300円てのもありますね。いつかまた行きたいです。

八雲町熊石大谷町13番地
7:00~22:00
500円
源泉かけ流し
20:58 | 八雲町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

八雲町 おぼこ荘

RIMG0658.jpg
八雲町にあるおぼこ荘に行ってきました。去年の秋の事です。この時は付近の登山道近くの野湯につかり汗だか泥だかで体がオオナメクジのようにヌメヌメだった事を覚えています。早く風呂はいりてぇ!

RIMG0659.jpg
浴室に向かう途中に畳敷きの休憩スペースがありました。湯上り後にゆっくりできるのは助かります!自分はお風呂は大好きなのですがのぼせてぶっ倒れやすいみたいです。

DSC09586.jpg
内湯です。広いなぁ!岩が結構大きくてなかなか良い雰囲気でした。でもせっかくだから早速露天に出てみよう。

DSC09577.jpg
露天に続く長い廊下です。露天へ続く道を渡るときのワクワク感っていいですよね!

DSC09569.jpg
露天につきましたぁ!思った以上に広いです。しかもこの時は広い露天が貸切状態でした。わーい!


DSC09573.jpg
あぁー極楽だなぁ。温泉の神様ありがとう!こうも広い露天風呂だとユラユラとクラゲのように漂うのが気持ち良いんです。湯温も適温でした。

DSC09571.jpg
露天にはベンチも置いてあり外で涼むこともできます。すぐ側を流れる川とわずかに色づく木々がとてもキレイでした。泉質はナトリウム-炭酸水素塩泉で源泉温度が45.5℃。いくつかの源泉を混合して使っているようです。源泉温度が高い為加水はしてるようですが循環なしのかけ流しの温泉でとても満足できました。

山越郡八雲町鉛川622
11:00~21:00
450円
加水有り・加温無し・かけ流し
00:59 | 八雲町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。