スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

鹿追町 かんの温泉

R0012585.jpg
然別峡にあるかんの温泉。今年になって約6年ぶりに再オープンした、大御所の温泉である。自分は以前のかんの温泉には入ったこともないので、今回が初めて。以前の廃墟風の建物から、新築の新しい温泉施設に生まれ変わった。

R0012611.jpg
ペレットストーブが置いてあるピカピカのフロント。券売機で入浴料650円を支払う。

R0012591.jpg
日によって、男女の浴室が入れ替わるとの事。で、今回はイナンクルという浴室だった。洗い場の様子。

R0012589.jpg
イナンクルには全部で4つの浴槽がった。これがイナンクルアンナーの湯。入浴したときは、とってもぬるかった。ぬる湯はぬる湯でゆっくり浸かれるのでわりと好きだ。湯使いは全浴槽かけ流しだ。

R0012596.jpg
イナンクルアンノーの湯。こちらは適温でよく温まる。

R0012592.jpg
露天風呂もある。2つの浴槽。左が秋鹿鳴(しゅうろくめい)の湯、右が春鹿呼(しゅんろくこ)の湯という。どうも私には、ここの浴槽の名前は覚えずらい笑。秋鹿鳴の湯とイナンクルアンノーの湯は同じ源泉。他は別源泉のようだ。

R0012599.jpg
伝説のかんの温泉に入れて満足。ここの露天風呂はごらんのとおり柵に囲まれて残念ながら景色は楽しめない。近くには無料の野湯もあるので、景色だけならそっちがいいかも。泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。とてもよく温まる良い温泉であった。

鹿追町字然別国有林145林班
10:00~18:00(火曜定休)
650円
源泉かけ流し
スポンサーサイト
01:26 | 鹿追町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鹿追町 然別峡テムジンの湯

RIMG2408.jpg
いつだったか、鹿追町の然別峡にあるテムジンの湯へ行ってきた。然別野営場を出てさらに林道の奥にすすむと「いでゆ橋」が見える。

RIMG2409.jpg
これが「いでゆ橋」。その先に車を停めた。

RIMG2410.jpg
こんな感じの林道をてくてくと歩き、川沿いまで進む。

DSC00366.jpg
その先にテムジンの湯がありました。景色はとても良く、九の沢川とユトクルシュナイ川がユウヤンベツ川に合流する所にあります。 この時はすぐに入浴できるようにノーパンで半ケツだしながら歩いていました。。。

RIMG2428.jpg
早速入浴するもかなりの熱さだ。岩の裂け目から新鮮なお湯が湧出している。ここでは有りがたいことに加水用ホースがあるので川の水をジャバジャバいれる。

RIMG2447.jpg
自分好みの適温にして入浴できます。森の中キレイな川を前にしての入浴は最高でした。

RIMG2414.jpg
目の前の景色はこんな感じです。のぼせたら目の前の川に飛び込んで体を冷やすのもありかもしれません。

RIMG2413.jpg
とても快適な野湯です。入浴後は加水ホースを戻し、その場を後にした。自分の持っている温泉教授の本によると泉質は含重曹硼酸食塩泉との事。舐めた感じは少ししょっぱい感じでしょうか。体はとても温まります。

鹿追町然別峡
無料(野湯)
20:13 | 鹿追町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。