スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

栃木県 那須戦争博物館

DSC_0325.jpg
遠くはるばる那須まで来たら戦争博物館を必ず見学しよう!よーし、行きますよ。あ、長いので続きを読むからどうぞ。
続きを読む
スポンサーサイト
23:30 | 栃木県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

栃木県 雲海閣

DSC_0357.jpg
那須に着いたものの、泊まる場所を決めてなかった。早速、観光協会の人に宿泊施設の一覧をもらう。雲海閣という宿が良さそうだったので電話してみる。「うちはオンボロの宿ですけど・・・」と電話口で言われたが、そういう宿が好きなのですぐにここに決めた。場所は湯元温泉街の少し小高い場所にある。

DSC_0360.jpg
想像以上に広い部屋で大満足。中はキレイに清掃されているし、全然オンボロという感じはしなかった。場所が小高い丘の上にあるので、部屋の窓から温泉街が見渡せて景色も良い。うーん、ここに決めて良かった!

DSC_0399.jpg
しかもここ、湯治客の為の自炊室があり自由に使う事が出来るんです。便利!自炊室がある温泉宿は湯使いが素晴らしいことが多いですよね。後ほどファミマで色々と買いこんで、たらふくご飯食べました。

DSC_0367.jpg
ここの宿、温泉まで少し歩きます。まずはこんな感じのトンネルを通り。。。これ、夜絶対怖いね泣。

DSC_0371.jpg
こんな感じの階段を下っていきます。この階段、風呂上りに登るのが結構しんどいです笑。

DSC_0375.jpg
そして到着したのがこの浴室です。浴槽が木で出来ており、白く濁った硫黄泉がかけ流されている。左側は超高温湯で人間が入れる温度ではありませんでした。なので右側で入浴する。左右の色が違うのは硫黄泉の湯量と鮮度が違うので色が違って見える。

R0012270_20130430230646.jpg
渋い浴室で良い感じである。鹿の湯源泉を利用していて、かなり暖まる感じの硫黄泉でした。やっぱり乳白色に濁った硫黄泉に入ると、温泉にきたなぁ!という感じがします。入浴後、少しフラフラの状態であの階段を登り、部屋に辿り着くのが結構しんどいんです笑。でもまぁ、これもこの宿の醍醐味ですね!実はもう一つ別の泉質の浴室があるらしかったのですが、このときは気づかず↓また機会があれば是非来たい宿だ。

栃木県那須郡那須町湯本33
8:00~21:00
400円
素泊まり4875円
源泉かけ流し
00:06 | 栃木県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

栃木県 老松温泉喜楽旅館

DSC_0356.jpg
栃木県那須に面白い温泉があるとの情報で行ってきた。那須の珍湯、老松温泉喜楽旅館である。珍湯大好きです。

DSC_0354.jpg
那須湯元温泉街より一本外れた寂しげな道を歩いていくと、着きました。左手が宿。右手が宿主さんの住居である。

DSC_0340.jpg
うーん、良い感じで鄙びてますなぁ。

DSC_0341.jpg
しかし、これは。。。

DSC_0342.jpg
鄙びを通り越してこれは「廃墟」ですね☆笑

DSC_0345.jpg
奥にある日本人形がイヤーンな感じである。

DSC_0347.jpg
宿主さんに入浴料を支払い、浴室に向う。この階段を下りた先にあるらしい。この時点で、とても硫黄の香りがする。

R0012251_20130429183004.jpg
浴室の様子。木で出来た浴槽で想像以上に良かった。加温された白い硫黄泉である。常連さんの話によると、震災の影響で客足が減り、この時、奥の浴槽には湯が溜められていなかった。

R0012255.jpg
湯口の様子。バルブを開けると右からは加温された源泉。左からはそのままの源泉が出てくる。飲用したが、なんだか甘いような非常に複雑な味がした。とても体によく、遠くからわざわざタンクに詰めて帰る人もいるとか。

R0012260.jpg
入浴感ですが、久しぶりの硫黄泉という事もあり感動した。他の湯元温泉と異なり独自源泉で、温度調整が出来るので自分好みの湯温で入浴できる点も良い。宿主さんに「ゆっくり、ゆっくり入っていきなさい」といわれたがこれは長湯したくなるお湯である。さすが那須の珍湯、本物の素晴らしい温泉でした。

栃木県那須町大字湯本181
8:00~20:00
500円
加温・源泉かけ流し
19:07 | 栃木県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

栃木県 ピラミッド元気温泉

DSC_0184.jpg
時期は4月中旬。私は、はるばるピラミッドに向うため、遠路札幌から栃木県にやってきた。ピラミッドって栃木にあったんだなぁ。知らなかった。


DSC_0183.jpg
誰も期待してもないだろうけど、本物のピラミッドを期待してた方すみません。でも、ここだって世界初のピラミッド温泉なんですよ!(強引)。それにしてもリーズナブルな値段である。

DSC_0189.jpg
夜も遅くなっていたので宿泊にした。部屋は壁紙から果てはサッシまで金色である。悪趣味?ノンノン。これには理由があって、「本館ピラミッド塔から発する氣のエネルギーを多量に受け取るため」である。(本気でそう書いてある)

DSC_0244.jpg
ピラミッド元気温泉の公式浴衣も金色であるこだわりよう。さぁ、早速着替えて、これで館内を歩きまわろう!

DSC_0204.jpg
金色のツタンカーメン。

DSC_0195.jpg
館内のカオスっぷりも素晴らしく館長のコレクションが多数展示されていた。

DSC_0211.jpg
巨大な壁画。うーむ、すごい。

R0012234.jpg
館長のコレクションを見たあとは金色の部屋でぐっすり就寝。翌朝、早速温泉に入る。大浴場の様子。中央にある柱は「氣柱」。これは氣が伝わりやすいセラミックスで包まれており、2階にある日本一の巨大黄金根と水晶で集めた氣が温泉に溶け込み水の分子塊を細かくしてくれるという。とにかく体にいいんです!

R0012244.jpg
超科学的なことはよくわからないが、ここの温泉は本物です。湯華が舞うツルツルしっとりする温泉です。湯使いも良く加温無し・加水無し・循環塩素消毒無しの素晴らしい温泉である。とても気持ちがよい。床が温泉でものすごくツルツル滑るので気をつけましょう。

R0012246.jpg
外には露天風呂があります。

R0012239.jpg
露天風呂。ここもかけ流し。素晴らしい!

DSC_0253.jpg
大人一人900円で、貸切宝石風呂も利用できる。

DSC_0209_20130421185511.jpg
ピラミッド温泉大満喫である。ここには是非宿泊で来て超科学の癒しパワーを体験してもらいたいものである。お待たせしました。お土産にパワーカードなんてどうでしょう?

DSC_0213.jpg
いよいよ、ピラミッド温泉を後にする。スフィンクスの後頭部に何か書いてあったのには笑った。

DSC_0254.jpg
新聞記事によると、館長は大学卒業後、コンデンサーの製造販売会社を興し事業は順調に発展。勲章も授かったという。しかし、60歳を機に仕事の将来性に疑問を感じ、また「人の氣を癒すことが天命と感じるようになった」と故郷に戻り科学と一体化したこの施設をオープンしたという。そして科学で証明できない「超科学」現象もこの世には存在し、ピラミッドパワーもそのひとつだとの事。。。温泉は本物だし確かに癒されました。

栃木県那須塩原市接骨木493-4
10:00~21:00
日帰り400円(土日600円)
素泊まり3000円
源泉かけ流し
20:05 | 栃木県 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。