スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

青森県 ねぶた祭 2013

DSC_1653.jpg
8月上旬のある日、12時間労働の夜勤明けの朝、私は札幌からバイクを走らせ何故か函館港にいた。。。あまりの眠たさと、途中雨に降られるというアクシデントの中なんとか到着。着いた時には完全にグロッキー状態でやられていました。ほんと無理は禁物です。

DSC_1656.jpg
かわいいイルカマークの津軽海峡フェリーに揺られ、青森港を目指す。そう、夏の青森といえばねぶた。テレビでは見たことあるが、実際に見てみたくなり、2013年は必ずいくぞ!と以前から決めていたのである。

DSC_1659-2.jpg
眠い!しかし祭が目の前に迫り興奮の為か、フェリーの中でもまったく寝れず。下船し青森港近くのサマーキャンプ場に到着。ねぶた祭の期間限定でひらかれる無料キャンプ場である。祭りにあわせ、日本中からライダーやらチャリダーが集まっていた。

DSC_1660.jpg
祭り前、キャンプ場で注意事項やらを説明する集まり。ねぶた祭りはハネトの衣装さえあれば誰でも参加できる祭りである。札幌の某祭りより、よほど参加しやすい。『君、そろそろ祭りにいくよ。早く衣装買っておいで!』えwww

DSC_1662.jpg
近くにいた人に着付けをして頂き、成り行きでねぶた祭りに参加する事になる。ライダーは、キャンプ場からバイクで隊列を組み祭り会場まで進む。何故か前から2番目という好ポジション!この隊列、結構壮観である。そしてすごかったのが、どっかの橋を渡るときチャリダー達が自らのチャリを持ち上げお見送り。毎年恒例の儀式のようだ。

DSC_1667.jpg
祭りを見に来た人、参加する人、露天商の人、活気のある人達で町が溢れかえっていた。いよいよ、祭りが始まった。

DSC_1678.jpg
暗くなるとねぶたが光り、より一層迫力がでる。なにせ初参加なのでペースがわからず。『ラッセラーっ!ラッセラーっ!!』『ラッセラッセラッセラーっっ!』最初から飛ばす!

DSC_1684_20140208074458232.jpg
後半はもう、死んでました笑。言い訳をすると、まず寝てない。そして跳ねる際の汗の量が半端じゃないんですよ。そのうち脱水症状になりフラフラ、ぶっ倒れそうになる。たまたま近くに公園があり、そこで水分補給ができた。これが無かったら間違いなく倒れていた。

DSC_1687.jpg
おじいちゃんとお孫さんでしょうか。こういうのいいですね。

DSC_1689.jpg
祭り後、何度か倒れそうになり吐きそうになりながら、なんとか無事キャンプ場に到着。近くにいたライダーさん集団に一緒にバーベキューに誘って頂く。ほんと嬉しかったです。この人達、祭り終了後も朝近くまで飲み、そしてその日の昼ねぶたも跳ねるという。超人ですか笑。日中真夏の炎天下の中で、ねぶたを跳ねると自分がどうなるのか。もう100%倒れる自信がある。せっかく誘って頂いたが断りました。これは来年リベンジです。2014年もねぶた決定!
スポンサーサイト
08:00 | 青森県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

沖縄県 チビチリガマ

DSC_0548.jpg
今回の旅行中、いくつかガマ(洞窟)を見てまわった。初めに訪れたのがここ、チビチリガマ。場所は沖縄県読谷村にある。目印は駐車場とこの特徴的な公衆トイレだろう。ここは図書館で借りた本で知り、是非とも慰霊に訪れたいと思っていた場所である。

DSC_0552.jpg
バイクを止めて、階段を下りて行く。深さ10Mほどの谷になっており、付近には小川も流れている。熱帯の森の中は薄暗くて不気味な感じであった。

DSC_0555.jpg
階段を下りるとすぐチビチリガマに辿り着く。ここのガマの内部で、住民140名のうち83名が亡くなっている。実際この場に立つと、感じた事の無いような物凄い威圧感を感じます。。。

DSC_0564.jpg
1945年、4月2日。米軍に追い詰められ極度のパニックに陥った住民が、身内同士で毒薬を注射しあったり、または布団や毛布に火をつけ煙にまかれて多数の住人が死んでいった。経緯については読谷村史に記載がある。

DSC_0562.jpg
内部は現在でも遺骨が残っており、無論立ち入り禁止である。小さな集落での出来事であり、遺族の複雑な感情からか、長い間皆が口を閉ざし、この出来事については世に知られていなかったという。自決に至るまでの過程を想像するだけで、胸が本当に苦しくなります。ここで亡くなられた83名の方の冥福を心から祈り、その場を後にした。

沖縄県読谷村
22:27 | 沖縄県 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

沖縄県 コザゲート通り

DSC_1150.jpg
中乃湯で入浴後、そのままコザで宿泊。翌朝、コザゲート通りを訪れた。米軍の嘉手納飛行場第2ゲートへと続く通りである。周辺には米軍関係者向けの店が並び、まるで日本ではないような場所だ。

DSC_1148.jpg
胡屋十字路にきてまず目につくのはこの建物であろう。コザミュージックタウンである。国からの振興策で80億円かけて作られた箱物である。しかし、現実は街の活性化につながるどころか沖縄市の財政を圧迫しているらしい。

DSC_1140.jpg
さすが、国が80億を出して作っただけありますね!清掃のおばちゃんくらいしか見当たりません。ぱっと見、特に魅力的なテナントも無く、さらに駐車場も有料。ミュージックタウン内のスタジオも利用料が高く地元民にまったくいらないと言われる始末。ダメじゃん笑。

DSC_1142.jpg
ゲート通りを基地方面に進んでいく。まず目に入ったのがここ、ジェントルメンズクラブアマゾネスである。一言、派手だなぁ。

DSC_1143.jpg
1ドリンク込みで入場料1200円。ドル表記もあるのがいかにも沖縄らしい。しかし、このアニメ絵はいったいなんだろう。アマゾネスという店名からもっと生々しいのを想像していた。

DSC_1145.jpg
4PLAY。県外の人にとって、ここが何屋さんなのか不明である。4PLAYってどんなプレイなんだろうか。うーむ。

DSC_1151.jpg
もはや、看板からはどんな店なのかわからない笑。

RIMG2385.jpg
やたら目につくのは怪しげな飲み屋やクラブ、そしてタトゥーショップである。アメリカ人ってタトゥー好き多そうですよね。(勝手なイメージ)

DSC_1146.jpg
サンシティとの名称の地元民向けのアーケード商店街もある。が、名前とは裏腹にあまり日の光を浴びてなさそうなシャッター街になっていた。ミュージックタウン建設に80億円も使う金があれば、もっと違うことが出来たのではないだろうか。地元の人の為になるような振興策にお金を使って欲しいものだ。

DSC_1147.jpg
付近のクラブに張ってあったポスター。沖縄の3K経済(観光・公共事業・基地)の現実を垣間見た気がした。

沖縄県沖縄市コザゲート通り
19:53 | 沖縄県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

沖縄県 中乃湯

RIMG2382.jpg
那覇市から沖縄市の安慶田にある中乃湯へやってきた。店の前にベンチがあり店主であるおばぁや、常連さん達が雑談していた。こういう風景いいなぁ。なんか悪い気がして裏にスクーターを止める。

RIMG2383.jpg
今ではすっかり珍しくなった沖縄の銭湯であるが、ここは温泉銭湯という事でレア度がかなり高い。その為、一部のマニアにはすっかり有名になったそうだ。店主のおばあに「こっちにバイク止めればいいのに~」といわれた笑。開業して50年以上になるという。

RIMG2380.jpg
誰もいない受付。温泉分析表やら、お孫さんの写真やらが飾ってあり微笑ましい限りだ。

RIMG2378.jpg
ここも沖縄スタイルの銭湯で、浴室と脱衣所が一体化している。カランも例のアレである。

R0012369_20130726182828.jpg
中乃湯は湯の受け口がなく、そのままホースで蛇口がつながれているタイプである。うーむ合理的だ。

R0012367_20130726182831.jpg
お湯は少し緑がかっている様子。これ、温泉の色では無くバスクリンの色だそうだ笑。はじめだけバスクリンを入れるらしい。これが中乃湯スタイル。お湯は循環されていなくて、貯め湯かけ流し方式である。おばあがタイミングを見て湯温調節しているようだ。

R0012371.jpg
あはは、知らない人が移りこんでしまったー泣。中乃湯の掲示によれば、アルカリ鉱泉であり地下300メートルから冷泉をくみ上げそれをボイラーで沸かして利用している。はぁー気持ちよいなぁ!お湯もいいし、店主のおばあも味があるし、何より地域住民にも愛されている銭湯だと強く感じた。残ってほしい銭湯である。

沖縄県沖縄市安慶田1
15:00〜21:00(水・日曜定休)
350円
アルカリ鉱泉
18:50 | 沖縄県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

沖縄県 美ら海水族館

RIMG0055.jpg
沖縄で観光地らしい観光地にあまり行ってなかった。せっかくだし、美ら海水族館に行くと決めた。そして当日、ドシャ振りである笑。スクーターで行くと悲惨な事になるのでレンタカーを1日だけ借りた。写真は宿泊したBASE OKINAWA。ドミトリーで1泊1000円。快適だった。

DSC_0570.jpg
途中、万座毛とか寄ってみたり。あぁー晴れてたらもっと良い写真とれてたのかな。十分キレイでしたけどね。

DSC_0579.jpg
万座毛の近くにはクネクネした木が多数密生していた。個人的にすごく怖くて、おしっこちびりそうだった。

DSC_0583.jpg
美ら海水族館の入場料は1800円。ファミマで購入すればみ1620円で入れる。さらに言えば、16時以降の入場だと1260円になる。

DSC_0592.jpg
美ら海水族館に到着!入り口前にある霧が噴出するイルカのオブジェ。あえて霧に突っ込む子供たち。楽しそうだなぁ。自分ですか?もちろん、大人らしく紳士的に霧に突っ込みました。

DSC_0600.jpg
水族館に入るとすぐある触れるコーナー。皆さん無邪気に触っている。

DSC_0602.jpg
「さぁ、触ってくれぇい!」

・・・・・

DSC_0620.jpg
これは、すごい。岩みたいな顔した魚。皆、水族館で写真を撮ってるが、撮影条件はかなり厳しい。暗いし魚は動くしでほとんどまともな写真とれんです。という訳で動きが緩慢な物ばかり撮った笑。

DSC_0618.jpg
珊瑚を食うことで有名なオニヒトデ。初めて見ることができた。実物はかなり大きく、実際海でこんなん見たら驚くだろうなぁ。

DSC_0632.jpg
ウミウシ?これ、すごくキレイというか、こんな生物もいるんだなー。名前わかる人いたら教えてください。

DSC_0638.jpg
美ら海水族館の目玉といえば、やはりこのジンベイザメであろう。人間が小さく見える。なんでもこのバカでかい水槽に今年6月からイルカも入ったそうだ。うーむ、この水槽内で泳ぐイルカ見たかったなぁ!

DSC_0753.jpg
ダイオウイカ。めちゃでかい。そして、マズそうだ。

DSC_0767.jpg
巨大なナマコ?

DSC_0786.jpg
マナティでした。前の方についてる手でヨチヨチと、とても緩慢な動作で水中を歩いてました。

DSC_0595.jpg
この水族館だけでも、2、3時間はいれそうな感じだった。しかし海洋博公園を全体的に回ろうとすると1日くらいかかるかもしれない。かなり広い感じだった。

沖縄県本部町海洋博公園内
8:30~20:00(時期によって変動有り)
1800円
23:29 | 沖縄県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。