スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ニセコミルク工房レストランPRATIVO

DSC_1292.jpg
去年の夏行ってきました、ニセコにあるPRATIVO(プラティーヴォ)というレストランです。野菜ビュッフェ食べ放題+メイン料理を1500円で楽しむ事ができるレストランである。

DSC_1298.jpg
ここは、リンクをさせて頂いているTHE MOMENT OF THE MOMENTのniko nikoさんの記事で知ったお洒落レストランである。niko nikoさんのブログは、温泉だけではなく、グルメ等、とても参考になるブログで、行きたいなぁと思うお店がたくさん紹介されている。


DSC_1297.jpg
お店の人に許可を頂き写真を撮る。野菜ビュッフェは食べ放題。新鮮な野菜が並ぶ。

DSC_1296.jpg
女子には嬉しいデザートも食べ放題!写真は手作りのカステラやプリンやヨーグルト。美味しそうだなぁ。

DSC_1295.jpg
高橋牧場の飲むヨーグルトも飲み放題!これ、買ったら結構高いです。

DSC_1302.jpg
メイン料理にはトマトクリームパスタを選択。全席、ニセコの美しい景色が見えるよう配慮されており、ここは家族やカップルで来るのがオススメ!みんな!間違っても自分みたいに男一人で来るところじゃないよ笑。あっはっは。。。

DSC_1286.jpg
高橋牧場の飲むヨーグルトをここぞとばかり飲みすぎ吐きそうになる。しかし、こんなすばらしい景色を見ながら美味しいビュッフェを食べれるのは良い。別に男一人でもいいじゃないか!前言撤回!

DSC_1305.jpg
幼い兄弟が赤いトラクターに上り楽しそうにシャボン玉で遊んでいた。こんな景色にとても癒された一日だった。


ランチ 11:30-14:30
ニセコ町曽我888-1
1500円
スポンサーサイト
04:18 | ニセコ町・蘭越町 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蘭越町 黒沢温泉跡

1485764876_250.jpg
蘭越町にある薬師温泉。日本三大秘湯の一つとしても数えられる有名な温泉である。しかし、その奥にひっそりとある薬師神社に訪れる人は少ない。

49178522_3480427981.jpg
薬師神社の奥に佇む、赤い屋根の謎の物件。別荘?入り口や窓は木の板で塞がれていた。管理されている物件のようである。その建物の裏手に進んでみる。

1485764876_35.jpg
すると温泉が出ている。おそらくこの赤い屋根の家の温泉の廃湯だろうか。

1485764876_45.jpg
湯だまりになっているので、入浴しようと思えばできるかも。しかし、ゲロゲロ状態なので遠慮しておいた。というか、私有地なので入浴しちゃいかんです。

49178522_1145891119.jpg
ぬるめの温泉だ。ここは手湯をしておいた。なんでもここは、ある筋の人のブログによると昆布七湯の一つで昭和49年に焼失した旧黒沢温泉の跡地ではないかとの事だ。果たしてどんな温泉だったのだろうか。

蘭越町日出
11:39 | ニセコ町・蘭越町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蘭越町 国民宿舎雪秩父

R0011672.jpg
蘭越町にある、雪秩父です。日帰り入浴料金は500円。ここはなんと内湯2つと露天風呂5つの計7つのもあるのです!しかも全部源泉100%かけ流しのホンモノの温泉である。

R0011678.jpg
ここの施設は、湯船の数がとても多くて結構人気なんですよね。泉質も2種類楽しめる。こちらは内湯の硫黄泉。ニセコといえばこの白い湯ですよねぇ。。。肌触りもクリーミーな感じでした。

R0011677.jpg
そして鉄泉。体がよく温まる感じです。

R0011674.jpg
外にもたくさんの露天風呂の浴槽がある。こちらは寝湯。

1447532288_211.jpg
あぁー寝湯はマジでやばいですね!気持ち良すぎです。逝ってしまいそうだ笑。

1447532288_224.jpg
他にも木の香りが楽しめる檜の露天風呂があったり多種あります。裏手に大湯沼があるだけに、豊富な浴槽で源泉100%かけ流し。そして料金500円は安いと思いました。女性側には泥湯もあり、人気があるそうである。男湯には無いので、男性は素直に小湯沼に行きましょう笑。

蘭越町字湯里680番地
9:00~20:00
500円
源泉かけ流し
15:48 | ニセコ町・蘭越町 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蘭越町 薬師温泉

R0011689.jpg
なんだか急にぬる湯が恋しくなるときってないですか?そんな訳で薬師温泉に行ってきました。開業は明治三十二年。券売機で入浴料300円を支払い中に入ります。冬の露天風呂の様子はこちら

R0011750.jpg
とても味のある絵だ。。。スズメバチはねぇ。うん。恐ろしいですね。

R0011697.jpg
混浴の濁り湯。朝6時なので誰もいまい笑。

R0011719.jpg
けっこう大きな浴槽でしかも深い。下からぼこぼこと源泉がでている大変貴重な足元湧出温泉である。足下には大小の石がゴロゴロしており、そこから源泉が湧出している。

R0011721.jpg
うーむ、気持ちよい。ぬる湯でなんぼでも入ってられる。お湯は色がついており、ここで鍵とか無くすと悲惨な事になりそうだ。

R0011730.jpg
十分濁り湯を堪能したあとは一度浴室を出て、今度は男女別の浴室に向かいました。こちらは透明な湯である。ザバァと音がするぐらい豪快にかけ流されて気分がいい。

R0011732_20121006202157.jpg
はぁ。。。極上のぬる湯で最高でした。湯温は39℃。こちらも足元湧出の湯なので、温泉の鮮度が最高です。体中に気泡が付きました。またハゲに効くそうなので潜ったりして湯中遊泳を楽しみました。

R0011747.jpg
たくさんの方がこられてますね。ほんとここのぬる湯って何故かとても気持ちよいんだよなぁ。。。

蘭越町日出
6:00~20:00
300円
源泉かけ流し・足元自噴
20:53 | ニセコ町・蘭越町 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

蘭越町 馬場川

RIMG2209.jpg
蘭越町にある小湯沼。雪秩父近くの林道から徒歩30分ほどでつく。小といってもけっこうな大きさだ。あたりには硫黄の匂いが立ち込める。

RIMG2115.jpg
溢れ出る硫黄泉は川となって流れ出ている。馬場川だ。なんでもニセコ湯元温泉は昔、湯守の未亡人がいて「婆の湯」と呼ばれていたのが、いつのまにか馬場温泉となったらしい。温泉教授の本にそう書いてありました笑。

RIMG2180.jpg
少し下流に進むと、湯船に丁度良さそうなスポットがあった。

RIMG2187.jpg
早速、脱衣して入浴する。かけ流しどころではなく、源泉の川である。

RIMG2204.jpg
湯温は計測すると37℃。時期や場所などによって温度も変わると思います。お肌が磨かれてものすごいツルツルになりました。

蘭越町
野湯
07:38 | ニセコ町・蘭越町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。