スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

豊富町 川島旅館

DSC_2322.jpg
札幌からだとかなり遠かったが、稚内のひとつ南に位置する豊富町までやってきた。以前から入りたかった温泉だったので、ここ豊富町まで来ることが出来て感激である。昭和2年開業の川島旅館。なかなか味のある建物だ。さっそく女将さんに日帰り入浴400円を渡し浴室へ移動した。子供たちの声が聞こえ、アットホームな雰囲気の宿だ。

R0012559.jpg
主浴槽ひとつのみ。しかし、これがいい。浴室に入った瞬間から石油っぽいアブラの香りがする。たまらなく嬉しい。分析表によると、泉質はナトリウム-塩化物泉。しかし、この湯はお湯表面にうっすら油膜みたいなものが見えてタダものでは無い雰囲気だ。

R0012550.jpg
洗い場の様子。いやぁ、この湯花が堆積した床が良いんですよね。

R0012556.jpg
堆積物をアップした。これは芸術だわもう笑。

R0012557.jpg
ついに念願の入湯が出来たことの嬉しさ。、そして、バイクでの長時間走行による疲労。このときの写真の自分の表情がイッチャッている表情の写真だった笑。湯温も自分的にはジャストで、最高に気持ちよい入浴感であった。

R0012560.jpg
廃湯口。お湯使いは源泉かけ流しである。

R0012552.jpg
お湯のアップ。わかりづらいかもしれないが、湯花がたくさん舞っている。そして、湯の表面にうっすら張る油膜のせいだろうか、とても肌触りが良い。かといって、決してベタベタする嫌な感じではなかったです。

R0012554.jpg
豊富温泉。道北にこんな素敵な温泉街があったのか。豊富町を訪れて良かった。

豊富町字温泉
8:00~22:00
400円
源泉かけ流し
スポンサーサイト
20:38 | 豊富町 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。