スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

苫前町 とままえ夕陽ヶ丘オートキャンプ場

DSC_2226.jpg
札幌からオロロンラインをバイクで北上し苫前町までやってきた。片側は海が一面に広がっている。走行中は、ついその景色に見とれボーっと、よそ見運転をしてしまう。

DSC_2217.jpg
途中、何度か海岸に降りてみた。バイクだとふらっと寄り道できるのがいい。

DSC_2222.jpg
うーむ、なかなか形の良い流木は落ちてないなぁ。水槽に使えそうなやつ。

DSC_2229.jpg
親子っていいな。

DSC_2234.jpg
そんなこんなで苫前町にある夕陽ヶ丘オートキャンプ場に到着。徒歩、自転車、バイク乗りはフリーサイトが利用できる。料金は500円。車利用だと2050円からとの事。

DSC_2233.jpg
管理棟のすぐ横がフリーサイトになっていて、すぐ横にバイクをつける事ができる。更にすぐ隣にとままえ温泉ふわっとが隣接している。利便性の高いおすすめのキャンプ場だ。キャンプ場の近くにすぐ温泉があるってポイント高いですよね。

DSC_2232.jpg
管理棟の裏側に水場やら、ごみ捨て場所がある。

DSC_2258.jpg
夕陽ヶ丘というだけあって、サイトが少し小高い丘の上にある。海がすぐ見えて景色が非常に良い。すぐ向こうに天売、焼尻島が見える。皮ジャンを着たかっこいいお兄さんが、この夕陽を見ながらひとりビールを飲んでいた。俺もそんなかっこいいお兄さんになりたいなぁ。いや、年齢的にはオジサンか笑。

苫前町字栄浜67-1
4月26日~9月30日
500円(徒歩・チャリ・バイク)
スポンサーサイト
23:35 | 苫前町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

遠別町 旭温泉

DSC_2316.jpg
遠別町にある旭温泉。外観はかなり味のある感じだ。しかし、浴室は近代的で立派でギャップがある。

R0012543.jpg
浴室は洋風・和風の二つあり、男女、日によって入れ替わるようだ。この日は男が和風であった。旭の湯。良い色だ。表示によると、加温・循環らしい。でも見た感じ、かけ流し?よくわからない。

R0012544.jpg
富士見の湯の露天風呂。けっこうな黒い湯だ。なんでもトラックでの運搬湯らしい。ツルツルの入浴感で自分は好きな感じであった。こちらも加温・循環との事。

R0012546.jpg
この黒い富士見の湯が良かった。できたら、源泉の近くでそのまま入ってみたいと思った。

遠別町字旭294番地2
8:00~22:00
500円
加温・循環
22:28 | 遠別町 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

初山別村 みさき台公園キャンプ場

DSC_2325.jpg
初山別村にあるみさき台公園。とても景色がよく海が一望できる。ここはキャンプ場にもなっており、なんと基本無料で利用できる素晴らしい公園なのである。(シーズンの7/10~8/20までは有料で1張り500円)

DSC_2328.jpg
こちらが下段にあるサイト。駐車場に隣接しており、使いやすい。道の駅も温泉も歩いていける距離である。すんばらしい。

DSC_2327.jpg
こちらが灯台側のサイト。自分はこちら側でテント張りました。温泉が近くにあり、景色も最高。使いやすいキャンプ場である。唯一の欠点は、初山別村には買い物ができる場所が少ないので、ここに来るまでに食料品は調達しておいたほうが良い。一応、道の駅には簡単なレストランや売店もあるが、種類は少ない。

DSC_2330.jpg
夜の灯台。すぐそばには天文台もあり、上を見上げれば満天の星空。そして、狂ったように舞うマイマイガの大群。そう、マイマイガの発生時期に光源の下にテントを張ると大変な事になる。もう、キャーキャーワーワー大騒ぎ。翌朝、可愛らしいスズメがマイマイガを食べているのをみて、もっとスズメ増えろ!と思った。ともかく、おすすめのキャンプ場だ。

初山別村字豊岬
無料(シーズンの7/10~8/20までは有料で1張り500円)
21:32 | 初山別村 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

豊富町 川島旅館

DSC_2322.jpg
札幌からだとかなり遠かったが、稚内のひとつ南に位置する豊富町までやってきた。以前から入りたかった温泉だったので、ここ豊富町まで来ることが出来て感激である。昭和2年開業の川島旅館。なかなか味のある建物だ。さっそく女将さんに日帰り入浴400円を渡し浴室へ移動した。子供たちの声が聞こえ、アットホームな雰囲気の宿だ。

R0012559.jpg
主浴槽ひとつのみ。しかし、これがいい。浴室に入った瞬間から石油っぽいアブラの香りがする。たまらなく嬉しい。分析表によると、泉質はナトリウム-塩化物泉。しかし、この湯はお湯表面にうっすら油膜みたいなものが見えてタダものでは無い雰囲気だ。

R0012550.jpg
洗い場の様子。いやぁ、この湯花が堆積した床が良いんですよね。

R0012556.jpg
堆積物をアップした。これは芸術だわもう笑。

R0012557.jpg
ついに念願の入湯が出来たことの嬉しさ。、そして、バイクでの長時間走行による疲労。このときの写真の自分の表情がイッチャッている表情の写真だった笑。湯温も自分的にはジャストで、最高に気持ちよい入浴感であった。

R0012560.jpg
廃湯口。お湯使いは源泉かけ流しである。

R0012552.jpg
お湯のアップ。わかりづらいかもしれないが、湯花がたくさん舞っている。そして、湯の表面にうっすら張る油膜のせいだろうか、とても肌触りが良い。かといって、決してベタベタする嫌な感じではなかったです。

R0012554.jpg
豊富温泉。道北にこんな素敵な温泉街があったのか。豊富町を訪れて良かった。

豊富町字温泉
8:00~22:00
400円
源泉かけ流し
20:38 | 豊富町 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

羽幌町 築別炭鉱跡

DSC_2305.jpg
2014年8月。羽幌町にある築別炭鉱跡に行ってきた。長いので興味ある方は続きを読むからどうぞ。
続きを読む
02:52 | 羽幌町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。