スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

栃木県 老松温泉喜楽旅館

DSC_0356.jpg
栃木県那須に面白い温泉があるとの情報で行ってきた。那須の珍湯、老松温泉喜楽旅館である。珍湯大好きです。

DSC_0354.jpg
那須湯元温泉街より一本外れた寂しげな道を歩いていくと、着きました。左手が宿。右手が宿主さんの住居である。

DSC_0340.jpg
うーん、良い感じで鄙びてますなぁ。

DSC_0341.jpg
しかし、これは。。。

DSC_0342.jpg
鄙びを通り越してこれは「廃墟」ですね☆笑

DSC_0345.jpg
奥にある日本人形がイヤーンな感じである。

DSC_0347.jpg
宿主さんに入浴料を支払い、浴室に向う。この階段を下りた先にあるらしい。この時点で、とても硫黄の香りがする。

R0012251_20130429183004.jpg
浴室の様子。木で出来た浴槽で想像以上に良かった。加温された白い硫黄泉である。常連さんの話によると、震災の影響で客足が減り、この時、奥の浴槽には湯が溜められていなかった。

R0012255.jpg
湯口の様子。バルブを開けると右からは加温された源泉。左からはそのままの源泉が出てくる。飲用したが、なんだか甘いような非常に複雑な味がした。とても体によく、遠くからわざわざタンクに詰めて帰る人もいるとか。

R0012260.jpg
入浴感ですが、久しぶりの硫黄泉という事もあり感動した。他の湯元温泉と異なり独自源泉で、温度調整が出来るので自分好みの湯温で入浴できる点も良い。宿主さんに「ゆっくり、ゆっくり入っていきなさい」といわれたがこれは長湯したくなるお湯である。さすが那須の珍湯、本物の素晴らしい温泉でした。

栃木県那須町大字湯本181
8:00~20:00
500円
加温・源泉かけ流し
スポンサーサイト
19:07 | 栃木県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。