スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

函館市 川汲温泉明林荘

R0012452.jpg
函館市にある川汲温泉明林荘にきた。訪問時、管理人のおばあさんが広い庭の清掃をしていた。どうやら、車からゴミをポイ捨てする人達がいるようで、困っているそうだ。とても話好きな人で、捕まると長い。建物の外観。ぱっと見、味がある建物だ。道路から川を挟んで、向こう側に建物がある。この建物は写真撮影禁止で、見つかるとおばあさんに怒られるらしい。自分は後で知りました。

R0012450.jpg
番台。おばあさんはよく外で庭仕事をしているようで無人だった。タオルのみの手ぶらで行ったが、おばあさんからシャンプーを貸してもらえた。

R0012446.jpg
浴室の様子。階段を下りるとこの浴槽がある。お湯は無色透明。源泉かけ流し。湯口には泉飲コップがある。男女の敷居の壁タイルが特徴的だ。

R0012449.jpg
入浴感はとても体の温まる感じで、湯治にはとても良さそうな湯に感じた。現在は日帰りのみのようで残念である。入浴料は420円。車だと函館市街地から1時間くらいだろうか。疲れが取れました。

DSC_1691.jpg
この日はもう外が暗くなりそうだったので、すぐ近くにある川汲公園で寝ることにした。ここは無料キャンプ場としても紹介されている。ただ、行ってみてわかったのだがキャンプ場というより、あくまで公園であった。あまり設備に期待しないほうがいい。

DSC_1692.jpg
公園入り口にある東屋の下にテントを張る。すぐ奥にはトイレと水道設備もあった。しかし、この東屋やたらスズメバチがいるなぁと思ってふと上を見たら巣があった。。。テントを張った後に気づくなんて。あとトイレ横の水道は使えないっぽいです。夜それで味噌汁を作って飲んでしまいましたが、翌朝、明るくなってから水道の蛇口をひねるとそのまま味噌汁みたいな色の水が出てきた。

DSC_1690.jpg
で、結局このアホほど広い駐車場の片隅にテントを張る。これも後で気づいたのだが、この駐車場やたらタイヤ痕があるでしょう?夜中に恐怖が訪れました。暴走車によるドリフトタイムです。駐車場にテントを張った自分はブルブルと振るえながら一夜を過ごした。

函館市川汲町2097
7:30~21:00
420円
源泉かけ流し
スポンサーサイト
01:27 | 函館市 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。