スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

夕張市 清陵浴場

R0011961.jpg
夕張市清陵町にある清陵浴場に行ってきました。写真は炭鉱住宅で、かつてこの付近に北炭夕張新炭鉱がありました。しかし昭和56年のガス突出事故で93名もの犠牲者をだし翌57年に閉山。炭住は今では市営住宅になっているようです。かなり空室も目立つが、それなりに人は住んでいる様子でした。

R0011978.jpg
炭住には風呂が付いて無い。何故ならかつて炭鉱があったときは共同浴場は無料だったからである。それにしてもかなり広い炭住なのに、皆がここまで歩いて来るのは大変だろうと思う。夏はまだしも冬場となると。。。外観はモダンな感じで炭住と比してかなり新しい感じだ。

R0011555_20120910205735.jpg
建物内に入ると広いホールになっていた。券売機で入浴料420円を支払う。フロント方式で、ここのおばちゃんはとても気持ちの良い挨拶をして頂けました。札幌の入っても挨拶も何も無い一部の銭湯に是非見習って欲しいと思いました笑。

R0011549.jpg
主浴槽一つのみですが、とても広いヒョウタンの形をしている。洗い場のシャワーやらは新しい感じでした。

R0011550.jpg
特筆すべきは湯口です。石炭でした。利用者はやはり高齢者が多いようで、かつての炭鉱で働いていた人たちもきっといることでしょう。夕張には他にもこういった銭湯がいくつかあるようなので全て制覇してみたいです。

夕張市清水沢清陵町62番地6
16:00~20:30(日曜定休)
フロント
420円
00:33 | 夕張市 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
古平町 古平温泉しおかぜ | top | 小樽市 神仏湯温泉

コメント

#
はじめまして。
地元の夕張を中学1年のときに訳あって離れて約8年、なんとなく地元の写真を調べてみていたらこちらのblogにたどり着きました。
一枚目の写真なんて私が当時住んでいたアパートが映っていてすごく懐かしく涙が出てきました。とても思い出のあるというか、一生忘れられないことがありまして。
銭湯も毎日ここのお風呂に入っていましたwすごく懐かしいです。正面ガラス張りの玄関を入って右側が女、左側が男の入り口で。脱衣場はプラスチックの脱衣入れ、浴場はひょうたん型の湯船にブクブクのところと普通のとこと分かれていて。
ほんとになつかしかったです。また夕張へ行ったときには是非blogにアップしてください☆
by: くう | 2014/09/07 14:39 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
>くうさん
ブログに訪問いただきありがとうございます。
はじめましてです。
夕張が地元なのですね!地元の方からコメントいただきとても嬉しいです。
小学生のとき夕張だったのですね。自分も団地住まいだったので、なんとなく懐かしい思いで
写真を撮っていたと思います。
銭湯には、近隣の住民の方がたくさん入っておられて、なかなか写真撮影できなかったです。
ひょうたん型の浴槽と石炭の湯口が特徴的ですよね。
また近々夕張いこうかなと思いました。バリバリ夕張!笑
コメントありがとうでした!
by: eg | 2014/09/08 18:59 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/120-1b8dd7ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。