スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

むつ市 恐山

DSC_0860.jpg
さて、3回に渡って恐山について書いたが今回が最後である。温泉のことばかり書いているが、別に風呂に入る為だけに恐山にきたわけではない。何かに救いを求めるように先に進む。山門を進むと、本尊安置地蔵殿がみえる。ここの左手から恐山無間地獄に通じる道がある。

DSC_0877.jpg
あたりは火山性ガスが噴出し植物は一切生えていない。所々、道順が示されている看板があるがこれが非常にわかりにくい。早速、地獄でさ迷うことになった。敷地内はかなり広く隅々まで歩くと大変である。

DSC_0874.jpg
納骨塔。

DSC_0876.jpg
納骨塔のお地蔵様。なんだか、お地蔵様の顔を見るとつい気になって写真を撮ってしまう。

DSC_0887.jpg
不思議な色をしている川。いたる所で石が積みあがっているが、これ人間の手によって一つ一つ積み上げているんですよね。。。

DSC_0872.jpg
お地蔵様の近くの石には、名前が書いてあるものもたくさんあった。

DSC_0878.jpg
首が無いお地蔵様。

DSC_0883.jpg
軍人のお地蔵様。

DSC_0886.jpg
人はみな それぞれ 悲しき 過去持ちて 賽の河原に 小石積みたり

DSC_0885.jpg
水子供養のお地蔵様。

DSC_0882.jpg
お地蔵様があれば、お祈りして周ってきた。向こうに宇曽利湖が見える。少し現実離れしたようなキレイさだ。「人が死ねばお山に行く」。昔からの言い伝えのようだが、ここに来ればそれがなんとなくわかる気がした。
17:12 | 青森県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
風間浦村 佐々木旅館 | top | むつ市 恐山冷抜 古滝 花染の湯

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/190-458b9945
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。