スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

本州最北端 大間町

DSC_0911.jpg
ついに!ついに私は本州最北端、大間町までやってきた!津軽海峡を越えて遠く北海道の函館が見える。今回は大間町出身の方、またはゆかりのある方は見ていて懐かしいかも。長いので続きを読むからどうぞ。

DSC_0909.jpg
いつ撮るか?今でしょ!まぐろ一本釣りの町おおま。本州最北端の大間町。多くの旅人が北海道に向けて集う町でもある。そのため、売店のすぐ裏に無料のキャンプ場まであるという旅人に優しい町だ。

DSC_0907.jpg
本州最北端の地の周りには数件のお土産屋さんが並んでいる。入ってみるか。

DSC_0912.jpg
え、店の中になんかおる笑。

DSC_0919.jpg
お土産屋さんの中にツバメが巣を作っていた。人間とツバメの共存だ。ここで、マグロキーホールダーを購入。お土産屋のおばさんから、あそこが湯の川であそこは何だと遠く海の向こうの景色を色々と教えてもらった。

RIMG0333.jpg
うーん、フェリー出航までまだまだ時間がある。せっかくだし色々と大間町を見てみることにした。

RIMG0318.jpg
なんだかカラフルでポップな感じのスーパーだ。しかし店名はまえだである。

RIMG0317.jpg
驚いたのが、本州ではまったく見なかったガラナ飲料が、ここ大間町では見られた。やはり北海道との距離の近さを感じる。

RIMG0327.jpg
大間小学校。めちゃキレイ。

RIMG0329.jpg
幼稚園もキレイ。

RIMG0330.jpg
中学校はふつうだな笑。いや、しかし校庭相当広い。

RIMG0328.jpg
通学路と思わしき道に特徴的な建物があったので思わずパチリ。これ町営住宅ですか?

RIMG0311.jpg
大間町には温泉施設が2つある。ひとつはこちら、大間温泉 海峡保養センターである。このときは混んでいた。

RIMG0315.jpg
もうひとつが大間温泉養老センター。なんだか似たような名前で初めての者にはわかりづらい。マニアや地元民にはこちらが愛されているようだ。こちらも平日昼間だというのにかなり混んでいた。

RIMG0323.jpg
大間町を散策しているとお腹がすいてきた。フェリー乗り場近くにある謎の食堂トマトに入ってみることにした。

RIMG0324.jpg
日替わり定食650円。安くてボリュームが多い。うまい!

RIMG0332.jpg
という訳で、この後フェリーに乗り無事北海道に到着した。バイクだと函館-大間が3700円。今回の青森ツーリングを通して、青森の奥深さの一端を垣間見ることができた。道民にとってとなりの県である青森。津軽海峡があるので、近いような遠いような場所だ。しかしフェリーですぐ行けるのは事実。ぜひ足を運んでみてください。
22:45 | 青森県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
千歳市 丸駒温泉 | top | 風間浦村 大湯

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/193-27a854bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。