スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

札幌市 定山渓の源泉小屋

RIMG0603.jpg
いつだったか、定山渓の豊平川沿いを散策してみた。川沿いには、いくつかの源泉小屋が見えた。ぶんぶんの湯近くから下に降りれる階段があったので先に進んだ。

RIMG0607.jpg
すると昔、高山温泉があった場所にでる。その歴史は古く、明治19年に高山今朝吉が高山温泉を開き、さらに後に鹿の湯温泉ができた。その後、高山温泉は日本通運保養所、渓光荘になり現在は廃業している。

RIMG0610.jpg
高山温泉跡の前には、「高山橋」が架かっている。現在のこの橋は2代目で、昭和35年に架けられたという。自動車の通行ができない人道橋だ。高山橋周辺にもいくつか、源泉施設が見える。さらに向こうには有名な巨大ホテルが見える。

102714-0001.jpg
中央図書館デジタルライブラリーに、昔の高山橋周辺の写真があった。昭和25年に架けられた最初の高山橋も写真には写っている。こうしてみると現在のコンクリで固められた川より、昔の景色のほうが風情があると思えた。

RIMG0615_20130709125245.jpg
豊平川沿いに降りると、源泉小屋からのこぼれ湯が流れていた。湯温は触ると火傷するような温度だ。

RIMG0617.jpg
そして、その湯流れが豊平川へと注がれている。浅い湯溜りになっており、途中で冷やされて適温になっている。これなら入浴できる温度だ。

RIMG0624.jpg
尻湯である。軽く雪が降っており、上半身はかなり寒い。そして尻だけが熱いという異常事態だ。かつては豊羽鉱山や、定山渓鉄道などに支えられて多くの観光客が来た。熊牧場もあった。昔の写真を見ると、芸者さんもたくさん写っていて大変賑わっていたようだ。現在は鉱山も鉄道も、熊牧場も無く、もちろん芸者さんも歩いてはいない。わずか数十年の月日であっという間に変わるもんですね。

札幌市定山渓
13:47 | 札幌市 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
沖縄県 日の出湯 | top | 島牧村 栄浜霊泉

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/202-7f214380
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。