スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

青森県 ねぶた祭 2013

DSC_1653.jpg
8月上旬のある日、12時間労働の夜勤明けの朝、私は札幌からバイクを走らせ何故か函館港にいた。。。あまりの眠たさと、途中雨に降られるというアクシデントの中なんとか到着。着いた時には完全にグロッキー状態でやられていました。ほんと無理は禁物です。

DSC_1656.jpg
かわいいイルカマークの津軽海峡フェリーに揺られ、青森港を目指す。そう、夏の青森といえばねぶた。テレビでは見たことあるが、実際に見てみたくなり、2013年は必ずいくぞ!と以前から決めていたのである。

DSC_1659-2.jpg
眠い!しかし祭が目の前に迫り興奮の為か、フェリーの中でもまったく寝れず。下船し青森港近くのサマーキャンプ場に到着。ねぶた祭の期間限定でひらかれる無料キャンプ場である。祭りにあわせ、日本中からライダーやらチャリダーが集まっていた。

DSC_1660.jpg
祭り前、キャンプ場で注意事項やらを説明する集まり。ねぶた祭りはハネトの衣装さえあれば誰でも参加できる祭りである。札幌の某祭りより、よほど参加しやすい。『君、そろそろ祭りにいくよ。早く衣装買っておいで!』えwww

DSC_1662.jpg
近くにいた人に着付けをして頂き、成り行きでねぶた祭りに参加する事になる。ライダーは、キャンプ場からバイクで隊列を組み祭り会場まで進む。何故か前から2番目という好ポジション!この隊列、結構壮観である。そしてすごかったのが、どっかの橋を渡るときチャリダー達が自らのチャリを持ち上げお見送り。毎年恒例の儀式のようだ。

DSC_1667.jpg
祭りを見に来た人、参加する人、露天商の人、活気のある人達で町が溢れかえっていた。いよいよ、祭りが始まった。

DSC_1678.jpg
暗くなるとねぶたが光り、より一層迫力がでる。なにせ初参加なのでペースがわからず。『ラッセラーっ!ラッセラーっ!!』『ラッセラッセラッセラーっっ!』最初から飛ばす!

DSC_1684_20140208074458232.jpg
後半はもう、死んでました笑。言い訳をすると、まず寝てない。そして跳ねる際の汗の量が半端じゃないんですよ。そのうち脱水症状になりフラフラ、ぶっ倒れそうになる。たまたま近くに公園があり、そこで水分補給ができた。これが無かったら間違いなく倒れていた。

DSC_1687.jpg
おじいちゃんとお孫さんでしょうか。こういうのいいですね。

DSC_1689.jpg
祭り後、何度か倒れそうになり吐きそうになりながら、なんとか無事キャンプ場に到着。近くにいたライダーさん集団に一緒にバーベキューに誘って頂く。ほんと嬉しかったです。この人達、祭り終了後も朝近くまで飲み、そしてその日の昼ねぶたも跳ねるという。超人ですか笑。日中真夏の炎天下の中で、ねぶたを跳ねると自分がどうなるのか。もう100%倒れる自信がある。せっかく誘って頂いたが断りました。これは来年リベンジです。2014年もねぶた決定!
08:00 | 青森県 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
弟子屈町 和琴温泉露天風呂 | top | 東区 美香保湯

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/217-91c4bc9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。