スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

台湾 玉石公共藻堂

DSC_1825.jpg
夜の礁渓温泉街を歩く。規模が大きい温泉街だ。夜、スナックなどの飲み屋だとか、ピンクで怪しい雰囲気の店を期待した。が、あるのは卡拉OK(カラオケ)の一店舗のみ。健全な温泉街である。いや、もしかしたらこのカラオケ屋が?まぁ、そういう雰囲気が好きなだけで実際には行かないけれども。

DSC_1802.jpg
駅前のセブンイレブンを曲がると礁渓温泉公園に着く。いたる所に足湯がある。鈴木氏の本をたよりに、もうひとつの無料公共浴場を探した。この公園の坂を上がっていくと

DSC_1821.jpg
玉石公共藻堂を発見した。24時間無料で入浴できる。浴室は一つのみでほぼ男性用である。女性の入浴時間は限られており、早朝4時~5時。そして夜8時から9時までである。

DSC_1817.jpg
浴室と脱衣所が一緒になっている。

DSC_1818.jpg
浴槽の様子。結構広めで、お湯はぬるめ。お湯は酸化と湯の汚れ?(後述します)で少し濁っているようだった。

DSC_1806.jpg
湯口の様子。おそらく湯使いは源泉かけ流しと思われる。けっこうな勢いでお湯が出ている。

DSC_1813.jpg
このとき、短い時間だが地元の人と一緒に入浴した。地元の人を観察してびっくりしたのは、頭を洗うとき、湯船に潜ってシャンプーを流していた事だ。日本だとマナー違反であるが、ここは台湾なのでこれがマナー違反かどうかはわからない。無料の公共浴場だから?。そのほか、サンダルを洗ったりとか色々としていたので正直お湯は汚そうである。個人的には湯囲溝公共浴室の方がおすすめだ。

DSC_1819.jpg
湯船からあがり、帰り際ふと服置き場に目をやるとこんな字が。一部の浴室では、男と男のステキな出会いの場にもなっていると聞いた事がある。鈴木氏の本にも、注意するよう記載があったが、まさか?

DSC_1789.jpg
礁渓温泉は、鈴木浩大氏著作の湯けむり台湾紀行を見てきたのだが本当によかった。台湾に温泉めぐりに行く方は是非どうぞ。

台湾宜蘭県礁渓郷
無料
源泉かけ流し
01:03 | 台湾 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
台湾 緑島 朝日温泉 | top | 台湾 礁渓温泉湯囲溝公共浴室

コメント

#
外国は一度も行ったことがない私です。
台湾、中々面白いですね。
その鈴木氏の本も、面白そうですね。
24時間営業、無料の温泉、
写真を見た感じは、凄く良さそうです。
湯船で洗髪、なるほど。
浴室に脱衣所があったりと、
何だか、合理的な感覚ですね。
by: niko niko | 2014/06/18 19:42 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
>niko nikoさん
海外の温泉も、日本と違ってなかなかよかったです。
台湾は意外と温泉が多く楽しめました。
でも、回ってみてやっぱり日本の温泉がいいなぁと思いました。
海外から、日本の温泉宿にたくさん観光客が来るのもわかります。
鈴木氏の本いいです。自分は札幌図書館で借りましたよ。
by: eg | 2014/06/20 03:28 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/229-6f3324aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。