スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

台湾 新北投温泉

R0012461.jpg
台北からMRT(地下鉄)淡水線で、気軽に行ける温泉がある。北投温泉だ。北投駅からかわいらしい地下鉄に乗り換えて新北投駅に向かう。

R0012487.jpg
駅から歩いて数分で着く新北投温泉浴室の外観。大浴場は無く、すべて個室風呂のようだ。一人、二人用、家族用等分かれておりそれぞれ料金が異なる。今回は弟と二人なので双人池で40分250元。日本円だと750円くらいか。

R0012477.jpg
二人用の8号の浴室に入ってみた。景色などは一切期待できない独房のような浴室だ。

R0012479.jpg
まず、自分で簡単に浴槽を掃除する。といっても水で流すだけだが。その後、コックをひねると猛烈な勢いで源泉がでる。北投温泉には白湯と青湯という源泉があり、こちらは青湯。かなり強烈な硫黄泉である。

R0012481.jpg
これ、ほんとに二人用なのかという広さの浴槽である。二人で入るには無理があるので弟と交互に入浴した。お湯はすぐ上の地熱谷から引いているようなので新鮮そのもの。換気のファンを常にまわしていないとガスで死ぬ可能性があるくらい新鮮である。舐めると甘いレモンのような味がして、目に入ると激痛が走った。

R0012485.jpg
入浴後は、お土産にこの硫黄粉を購入。帰国後に判明するのだが、これは本当に硫黄粉であった。温泉の元では無かったのだ。まったく湯に溶けず、風呂に入れるとそのまま粉がプカプカと浮かぶ始末。こんなものを5個かうと1個おまけでついてくるので合計6個も購入。いまも家に保管されているが、硫黄粉は何に使えばいいのでしょうか。どなたかかご教示ください笑。

台北市北投区中山路28-6号
9:00~24:00
130元
源泉かけ流し
23:31 | 台湾 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
羽幌町 築別炭鉱跡 | top | 増毛町 夕陽荘

コメント

#
はじめまして。
北海道旅行の際には参考にさせて頂いております。ありがとうございます。
硫黄粉ですが、私も以前に阿蘇で購入した事があり同じような経験をし、そのままでだめなら…とガーゼに包み輪ゴムでしばったモノをお湯の中でもみもみして使いました。
入浴剤ほどお湯に溶け込む感はありませんでしたが…^^;。
ただ、お湯が目に入ると激痛だったこともあり消費量が伸びず、なかなか減らなかった記憶があります。
by: KAKUKAKU | 2014/08/17 20:36 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
>KAKUKAKUさん
コメントありがとうございます。え、そんな方法があったのですね!捨てるのもなんだし、それでやってみますー!阿蘇にも硫黄粉あったんですね。お風呂に投入して粉ままプカプカされたときのショック、わかって頂ける人がいらっしゃってうれしいです。笑。
by: eg | 2014/08/18 09:31 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/233-644c52b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。