スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

洞爺湖町 洞爺郷土資料室

DSC_2377.jpg
洞爺郷土資料室。場所は洞爺水の駅のすぐ横らへん。入るには洞爺総合支所に一度行き鍵を開けてもらう必要がある。無料です。1887年、香川県より76名が大原地区に入植したのを開基とする。村名は、アイヌ語のトーヤ(湖の岸)に由来する。との事。

DSC_2372.jpg
鍵を開けてもらい一人で見学する。役所の方に「何か資料集めか研究ですか?」と聞かれたが、ただの興味本位である。何か気恥ずかしい思いをした。

DSC_2376.jpg
雑然と並べられた見事なスリッパ。館内は土足で良いとの事。ここを訪れる人はほとんどいないようだ。

DSC_2365.jpg
1Fは「暮らしの移り変わり」というコーナーである。所謂庶民の日用品が展示されていた。これは昔のカキ氷器。かなり重たそうだ。

DSC_2367.jpg
昔の計算機。使い方がさっぱりわからない。

DSC_2370.jpg
当時の靴やら服やらも展示されている。

DSC_2375.jpg
2Fに移動する。農機具やらの展示。

DSC_2359.jpg
映写機。昭和26~46年洞爺村には「洞爺劇場」という映画館があった。週3回村民に娯楽とニュース等の情報を提供、昭和32年にはシネマスコープレンズ導入により映画も上映されるようになり全盛時には1回に500人の入場があったという。しかし、各家庭のテレビの普及にともない上映回数がしだいに減り昭和46年に閉館。建物も平成元年に取り壊しとの事。

DSC_2361.jpg
洞爺村に映画館があったなんて知らなかった。

DSC_2351.jpg
昔の教科書なんかもあった。シタキリスズメ オヤドハドコダ。この話自体実は怖い話っぽいが、カタカナにすると余計怖く感じるのは何故だろう。

DSC_2350.jpg
明治時代の家具。

DSC_2352.jpg
与謝野夫婦来村昭和6年5月。郷土史が好きな人だと面白いかもしれない資料室である。

洞爺湖町
無料
02:35 | 洞爺湖町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
留寿都町 ルスツ温泉 | top | 洞爺湖町 小公園キャンプ場

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/240-5dc1b64d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。