スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

長万部町 旅館昇月

DSC_2534.jpg
秋深まり、冬の足音が近づいた10月の終わり頃。以前、ホテルあづまに日帰り入浴して以来、すっかりファンになった長万部温泉にやってきた。しかも今回は贅沢にも泊りがけである。わーい!まずは旅館昇月で入浴してみる。

R0012679.jpg
味のある脱衣所。コイン式洗濯機も完備。洗剤はトップ。ロッカーは鍵がかからないので、貴重品は旅館の人に預かってもらえるはず。日帰り入浴料は500円だ。

R0012691.jpg
浴室の様子。一目で分かるかけ流しだ。浴室に入るとすぐ新鮮な温泉のなんとも言えない良い香りがする。湯船ひとつと洗い場のみのシンプルさがまた良い。

R0012684.jpg
洗い場の様子。ボディーソープ、シャンプー、石鹸あるよ。

R0012687.jpg
ライオンの湯口から源泉がドボドボと流れていた。冬に入りたいとても温まる温泉である。多少、ツルツル感もあって気持ちよい。そしてしょっぱい!私はこういうしょっぱい温泉でうがいをするのが大好きである。普通の食塩水よりも効くような気がするんだよなぁ。

R0012682.jpg
ライオン湯口のアップ。

R0012678.jpg
入り口横にある休憩スペース。かなり効く湯で貸し切り状態でずっと入浴していたので、少し休んでいた。長万部はどこの温泉に行ってもはずれがない。素晴らしい温泉地であることを再確認したプチ旅行だった。

長万部町温泉町403
13:00~17:00
500円
源泉かけ流し
16:09 | 長万部町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
長万部町 丸金旅館 | top | 帯広市 ローマノ福の湯

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/249-90bc9a0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。