スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

札幌市 手稲山荘

RIMG1889.jpg
札幌市の手稲区にある手稲山荘です。ジャンル的には山荘というかラブホです。以前紹介したホテルオリンピアと同じ系列である富丘観光株式会社が経営していました。

RIMG1891.jpg
ホテルオリンピアと同じく全室、手稲山の天然水を利用できます。ホテルの敷地内はちょっとした森のようになっておりこんな祠があります。お水の神様?それとも商売繁盛のため?

RIMG1894.jpg
敷地内を流れている小川です。この上流には天然水を貯蔵するタンクみたいな施設もありました。源流は確認できず。周囲は夏でも少し涼しい感じで気持ちがいい。

RIMG1886.jpg
いわゆるコテージタイプのラブホです。それぞれにパリやらマーメイドなど名前がついていました。休憩は3時間2600円から。宿泊でも3800円。安いですよね。

RIMG1884.jpg
お部屋の様子。オリンピアよりも設備が整っている。

RIMG1879.jpg
UREっ子2です。なんだか色々と売っていますね!

DSC00240.jpg
そしてベッドです。枕元には手稲山荘の売りの一つである「メルヘンスイッチ」がありました。このスイッチを押すと部屋の壁にブラックライトで絵が浮かび上がります。ここの部屋はテーマがパリだったらしく怪しくエッフェル塔が浮かびあがりました笑。こういう味のある仕掛けは好きです。

DSC00243.jpg
早速浴室にお湯を張る。ホテルの利用ガイドによると「敷地内から湧き出る水は癒しの森の水との事でまろやかでミネラル成分が豊富。お肌にも良く、お茶・コーヒーなどに適した中間硬水です。」と記載有り。たしかに塩素臭は一切無く飲んでも美味しい。ホテルのおじさんに頼むとポットでお水を持ってきてくれる。

DSC00245.jpg
天然水かけ流し風呂です。入浴感はさっぱりな感じで大変気持ちが良いです。湯上り後お肌がつっぱらない。また浴室もオリンピアと比べて広い。

R0010542.jpg
と風呂利用の水が素晴らしく、またホテルも味があって好きだったのだが残念ながら閉鎖してしまいました。45年の歴史に幕が降りてしまったのです。悲しい。。。オリンピアの時も書きましたが西宮の沢地区のラブホ史において一つの歴史が終わった気がしました。

札幌市手稲区富丘
00:05 | 札幌市 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
某所 奥薬師温泉 | top | 真狩村 真狩温泉保養センター

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/44-ce00bf58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。