スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

某所 奥薬師温泉

RIMG1243.jpg
ニセコの某所にある奥薬師温泉。訪問時は5月初旬で雪がまだ残っている。この建物の裏手を覗くと。。。

RIMG1183.jpg
これを見たときは驚きました。神秘的な真っ白な湯流れです。

RIMG1245.jpg
土管から温泉がジャバジャバ湧いています。湯温を計ると35.5℃。ヌル湯である。さらに温泉を飲んでみると何とも言えない味がした。

RIMG1244.jpg
人が住んでいる気配は無い。現在は使われていない浴室の様子。カメラが反射して写りこんで見えづらいですが立派な浴室だったようです。ん?床に花が置かれている。。。かなりびっくりしましたが何のことはない造花でした。浴室のドアのところにタオルがかけられているのも何だかイヤンな感じですね。

RIMG1213.jpg
と言いつつも大して気にもせず早速湯を溜める笑。近くにポリバスが放置してあったのでお借りしました。どうせこんな場所には誰も来ないだろうとたかをくくり全裸になる。

RIMG1220.jpg
湯流れは硫黄成分?で白くなっていたが新鮮なお湯自体は透明であった。入浴感はとても気持ちよい。驚くのはその炭酸成分で、肌に気泡がびっしりとつきシュワシュワします。

RIMG1242.jpg
天然のバブって感じですかね。温泉が新鮮であることはとても大事な事だと改めて実感する。この時期は血を吸う虫もおらずあまりの気持ちよさに30分ほど入浴してました。さてそろそろ帰るかとポリバスの湯を抜き元通りに戻し、全裸でウロウロしているとなんと!目の前を1台の車が通りがかりました。。。うかつでした。相手は一般の乗用車でしたがこんな山奥で全裸の男と遭遇してとてもびっくりしたと思います。すみませんでした。

某所
野湯
01:03 | ニセコ町・蘭越町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
京極町 川上温泉 | top | 札幌市 手稲山荘

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/tb.php/45-7701de31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。