スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

帯広市 ローマノ福の湯

R0012621.jpg
風呂といえばローマ。ローマといえば風呂である。映画テルマエ・ロマエのヒットも記憶に新しい。ある日私は壮大なローマ風呂に憧れて、帯広市にあるローマノ福の湯にやってきた。家族風呂と大衆浴場、そして食堂がひとつになっている威厳ある建築物である。ラーメンの赤い暖簾が哀愁を漂わせている。

R0012619.jpg
今では珍しいローマ式番台だ。(嘘)こういう銭湯の番台は時代とともに本当に少なくなった。

R0012612.jpg
浴場には浴槽がひとつのみとシンプルである。しかしこの大きな浴槽が最高に気持ちよい。濃いウーロン茶?コーヒーのような湯が贅沢にかけ流されていた。そして、浴室に入った時に鼻腔をくすぐる温泉の香り。もうたまらん。

R0012618.jpg
岩の湯口から源泉が勢い良く流れている。湯温は適温。

R0012613.jpg
シャワーにカランもすべて温泉が出てくる。ツルツル感の強い温泉で、体を洗うととても気持ちよい。

R0012615.jpg
ゴビ砂漠のように乾燥しきった私の肌を、ローマの湯が優しく潤してくれる。。。肌が泣いて喜ぶようなすばらしい温泉だった。こんな銭湯が近所にあればなぁ!入浴感が良く女性にもとてもおすすめだ。

R0012620.jpg
いたって和風なローマノ福の湯の休憩スペース。フミフミ機もある。今回はどうしても豚丼が食べたくて、ローマの泉食堂を利用できなかったのが心残りである。次回はぜひ、家族風呂と食堂を利用してみたい。

帯広市東9南12
11:00~23:00(毎月第2水曜定休)
420円
源泉かけ流し
22:40 | 帯広市 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

鹿追町 かんの温泉

R0012585.jpg
然別峡にあるかんの温泉。今年になって約6年ぶりに再オープンした、大御所の温泉である。自分は以前のかんの温泉には入ったこともないので、今回が初めて。以前の廃墟風の建物から、新築の新しい温泉施設に生まれ変わった。

R0012611.jpg
ペレットストーブが置いてあるピカピカのフロント。券売機で入浴料650円を支払う。

R0012591.jpg
日によって、男女の浴室が入れ替わるとの事。で、今回はイナンクルという浴室だった。洗い場の様子。

R0012589.jpg
イナンクルには全部で4つの浴槽がった。これがイナンクルアンナーの湯。入浴したときは、とってもぬるかった。ぬる湯はぬる湯でゆっくり浸かれるのでわりと好きだ。湯使いは全浴槽かけ流しだ。

R0012596.jpg
イナンクルアンノーの湯。こちらは適温でよく温まる。

R0012592.jpg
露天風呂もある。2つの浴槽。左が秋鹿鳴(しゅうろくめい)の湯、右が春鹿呼(しゅんろくこ)の湯という。どうも私には、ここの浴槽の名前は覚えずらい笑。秋鹿鳴の湯とイナンクルアンノーの湯は同じ源泉。他は別源泉のようだ。

R0012599.jpg
伝説のかんの温泉に入れて満足。ここの露天風呂はごらんのとおり柵に囲まれて残念ながら景色は楽しめない。近くには無料の野湯もあるので、景色だけならそっちがいいかも。泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。とてもよく温まる良い温泉であった。

鹿追町字然別国有林145林班
10:00~18:00(火曜定休)
650円
源泉かけ流し
01:26 | 鹿追町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

白石区 美春湯 家族風呂

R0010440.jpg
昔の写真をPCで眺めていると、まだ記事にしていない写真が多数あるのに気づく。2011年の写真ではあるがせっかく発見したので記事にした笑。ここは札幌市白石区南郷通7丁目にある美春湯。

R0010442.jpg
のれんが良い味を出している。ここは1階が公衆浴場、2階が家族風呂となっている。ホームページによると入浴料は一人900円との事だ。

P5280189.jpg
洗い場。札幌では最盛期60軒ほどあった家族風呂が今ではたったの7軒だそうだ。そういった意味で、貴重である。

P5280190.jpg
浴槽。2、3人なら一緒に入れるくらいだろうか。人目を気にせずくつろげる所が良い。普段はシャイで恥ずかしがりやの私も思う存分トド寝ができる。

R0010443.jpg
バイブラ調整も自分でできるぞ!

P5280187.jpg
各室によって写真が違うらしい。今回はラベンダー畑だった。しっかりとホームページも更新されてるし、とてもがんばっている銭湯だなと感じた。家族風呂も貴重だし、ぜひ営業を応援したい銭湯である。

札幌市白石区南郷通7丁目北5-16
17:00~23:00(水曜定休)
900円(一人利用は1000円)
16:39 | 白石区・厚別区 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

札幌市 悠久の宿 白糸

R0012655.jpg
札幌の奥座敷、定山渓にある悠久の宿白糸に日帰り入浴で初訪問。定山渓は大型ホテルが多いので、数百円台で日帰り利用できる施設は貴重だ。日帰り入浴料は600円。

R0012637.jpg
浴室の様子。新しくはないが、しっかりと清掃されている。温泉の蒸気がすごくて写真が不鮮明なのが申し訳ないです。温泉宿なので洗い場にシャンプー等も設置されている。

R0012638.jpg
広めの主浴槽。淵から源泉がかけ流されている。泉質はナトリウム-塩化物泉。

R0012635.jpg
もうひとつ、小さめの浴槽もある。こちらは多少ぬるめでゆっくり入浴できた。

R0012642.jpg
うーん、気持ちよいなぁ。。。この寒くなる時期、温泉は本当に身も心も暖めてくれる。温泉に入ってるときの、ぼーっとしてる時間が幸せなんだな。湯使いは源泉温度が高いため、加水のみのかけ流しだ。しっかりと露天風呂もあるのだが、利用時間が12:00~14:00までなのでそこは注意。という訳で今回は内湯のみ。家族風呂もあるようだ。

R0012654.jpg
雰囲気の良いロビー。湯上り後、休憩スペースがあるのが好感がもてる。たかが日帰り客なのに、とても良い接客応対だった。日帰りで良い思いをすると、今度は宿泊でもと思うのが人情だと思う。どことは言わないけど笑、某大型ホテルに泊まるならこちらに泊まるほうがいいなぁと思った。

幌市南区定山渓温泉東2丁目138-1
12:00~17:00(露天は14:00まで)
600円
加水・かけ流し
14:56 | 札幌市 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日高町 沙流川オートキャンプ場

DSC_2439.jpg
前回のひだか高原荘に隣接している沙流川オートキャンプ場。道の駅やコンビニ等も近くにありとても使いやすいキャンプ場である。札幌から帯広方面に行く際、途中にあるので利用している。

DSC_2437.jpg
広いフリーサイト。バイクだと一泊500円で利用できる。自分は虫には興味ないけど、クワガタとかも採れるかもね。

R0012584.jpg
ここのフリーサイトのすばらしい点は、このように芝生にバイクを乗り入れることができる。これは便利だ。サイドスタンドに使う木の板は、管理棟のおじさんに貸りる事も可。奥のバンガローは3800円で利用できるとの事。

DSC_2442.jpg
トイレと水場。トイレは自動でドアが閉まるので、虫が入らない仕組みだ。キレイなトイレであった。ペットも可なサイトもあるらしいし、ドッグランもある。ファミリーにも個人にも利用しやすいキャンプ場である。

日高町富岡444
4月26日~10月中旬
500円
00:34 | 日高町 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。